マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(兵庫県編) | 王様の不動産投資/不動産投資とマンション経営

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(兵庫県編)

■富裕層が多く不動産投資の幅がある兵庫県

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(兵庫県編)│画像1

兵庫県の不動産価格は、現在緩やかに上昇しています。これはアベノミクスの影響だと言われており、今後も上昇が期待できるのではないかというのが、大方の意見となっています。

関西ということで言うと、東京オリンピックによる東京でのマンション価格高騰が落ち着いた結果、関西に投資家たちの注目が集まり、思わぬバブル期を生んでいるという話があります。もちろん、兵庫県もその恩恵を受けてはいるのですが、どちらかと言えば、その恩恵は大阪のほうに集中しています。そういう意味では、兵庫県はオリンピックの影響をそれほど受けていないので、そこまでこれを重視する必要はないでしょう。

兵庫県は近年、多くの場所で再開発が行われています。再開発に失敗したという話もありますが、今後も多くの再開発が予定されており、それに伴うマンション価格の上昇が実際に起こっているので、そこに狙いを定めるのも良いです。
また、兵庫県では神戸を中心に、各地に高級住宅街が存在します。富裕層が集まる土地という観点で不動産投資を行うこともできるので、投資の幅は広いと言えるでしょう。家賃収入なども期待できるので、不動産投資にオススメのスポットです。

■利便性と安全性が重視される兵庫県

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(兵庫県編)│画像2

兵庫県のワンルームの家賃相場は、4.5~8万円程度です。北部は家賃が安い傾向にあり、南部は家賃が高くなっています。再開発が行われたり、高級住宅がやマンションなどが多く立ち並ぶのも、南側です。そのため、不動産投資を行う際には、基本的に南側のエリアで行うことになるでしょう。

兵庫県の中で立地が良い場所というと、利便性が高い場所になります。新幹線が通っているので、新幹線が止まる駅の周辺、電車の快速や急行が止まる駅の周辺というところが狙い目です。

神戸の中心地には高級住宅街が存在しますが、この辺りで不動産投資を行おうとすると、初期投資が割高になってしまいます。周りの建物に比べて見劣りするような物件だと、入居者を見込めないからです。そういう意味では、初期投資さえケチらなければ、需要は確かにあるということですので、自分の状況を考えながら、不動産投資を行うかどうかを考えていく必要があります。

そして、神戸といえば数十年前の話になりますが、阪神淡路大震災がありました。数十年前ということであっても、子供のころに感じた地震への恐怖というものは、多くの人の心に刷り込まれているものです。そのため、耐震構造がしっかりと考えられている物件への需要は多く、その辺りの考え方が甘いと、入居者を確保するのに苦労する可能性があります。地盤が固い場所というのも、マンション価格が高くなる傾向があるので、意識しておきましょう。

■マンション価格の高騰は限定されている

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(兵庫県編)│画像3

兵庫県で不動産投資をする際に注意するべきことは、限定的なスポットのみマンション価格が上がっているということを踏まえ、不動産投資の判断をすることです。

兵庫県のマンション価格は全体的に緩やかに上がってはいますが、兵庫県北部に関しては、むしろ下がっています。つまり、それだけ兵庫県南部の価格が上がっているということなのです。また、中古マンションの成約数に関しては、南部の神戸中心地でも減少傾向にあります。需要が上がれば、値段は上がるので、当然、値段も横ばい、もしくは下がっているということです。

これは、神戸市の一部の場所で新築マンションの需要が高まっているということを示しています。人気のスポットと、そうではない場所の差が、かなり激しいのです。そのため、そこを見誤り、需要のない物件に投資してしまわないように注意しましょう。見誤ると痛い目を見てしまう可能性が高いです。

再開発なども盛んに行われている兵庫県ですが、そのような材料一つだけで投資を行うのは危険です。特に、耐震構造や地盤の固さという部分に関しては、阪神淡路大震災を経験している人ほど、重視するものです。そのため、一つの好材料に踊らされ、投資を行うのはやめましょう。災害を経験しているということもあり、他の県の人にはない価値観が存在しますので、そのような部分を考慮して、不動産投資を行うようにすると、良い結果を出しやすくなります。

■特殊な県民性を理解し不動産投資を行うこと

兵庫県で不動産投資を行う際には、兵庫という場所の特性をしっかりと把握することが大切になってきます。他の場所にはない、限定された場所での需要、災害に対する備えの意識、などが兵庫県民にはありますので、そこを理解しないで、不動産投資を行うと、大損をこいてしまうことになります。

基本的に兵庫は、不動産投資に向いている土地です。富裕層も一定数存在しますし、県外からの転居者も多く存在します。長い目で見ても、マンションに対する需要がなくなるということはないので、長期的な投資を考えてみるのも良いでしょう。大幅にマンション価格が下落することは考えにくいので、オススメです。

各種お問い合わせやご相談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加