マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編) | 王様の不動産投資/不動産投資とマンション経営

マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編)

■不動産投資が頻繁に行われている

マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編)│画像1

神奈川県は都道府県の中で、東京都についで2位の人口の多さを誇る場所です。他の都道府県が人口推移を下げていく中で、神奈川県は毎年、人口推移を上げています。そのため、不動産投資の場としても注目されており、価格自体も上昇を続けているため、投資にはもってこいの場所です。

神奈川県で特に人気の場所といえば、誰もが知る横浜市です。品川や渋谷、新宿と言った東京の都市に繋がる電車もあるため交通の便も良く、物価が東京よりも安いため、若者に人気のエリアとなっています。何より、中華街やみなとみらい、湘南エリアなど、神奈川には多くの観光の目玉が存在します。そのため、人口は毎年上昇傾向にあり、不動産投資としても人気があるのです。

神奈川県は東京ほどではありませんが、不動産価格が高いです。とはいえ、これは横浜市や川崎市のような都市部においての話です。神奈川県にはかなり田舎の場所もあるため、そのような場所になるほど、不動産価格も安くなります。ただ、投資をするなら横浜市内や湘南エリアが現実的です。また、高速道路のインターチェンジができ、リニア新幹線の駅ができる相模原エリアは、不動産価格が高騰し続けています。

■神奈川県は単身者にもファミリーにも人気

マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編)│画像2

神奈川県のワンルームの家賃相場は、4~8万円程度です。都心に近い横浜エリアや川崎エリアは家賃が高く、伊豆や鎌倉などの観光地、湘南エリア、相模原エリア、それ以外の地域という順番で、家賃相場は下がっていきます。とはいえ、横浜エリアや川崎エリアの中でも、家賃相場が安いエリアは多く存在します。代表で言えば、川崎エリアの多摩区や麻生区、横浜エリアの旭区や瀬谷区などです。共通するのは、人気エリアでありながら、中心地より離れているということです。交通の便は良い場所が多いので、狙ってみるのも良いでしょう。

神奈川県でオススメの物件は、若者向けの物件と、ファミリー向けの物件です。都心が近く家賃が安いため、田舎から上京してくる若者が、横浜や川崎に住むことが多いのです。

また、子育てを第一に考え、東京から横浜に引っ越してくる人もいます。なぜなら、横浜市は待機児童ゼロを達成した地域だからです。横浜市の待機児童ゼロに関しては、数値上、様々なトリックがあったりということで、少し問題もあるのですが、物は考えようです。横浜市は子育て支援に力を入れているという証拠でもありますので、ファミリー層の入居を見込むことができます。現実よりも、イメージによって人は動くものですので、待機児童ゼロ対策を行っている地域という意識を持ち、単身者向けだけではなく、ファミリー向けのマンションにも、投資の可能性の幅を広げておきましょう。

■オリンピックの影響は神奈川県にも

マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編)│画像3

神奈川県における不動産投資で注意しなければならないのは、オリンピックに伴う変化です。東京オリンピックの開催が決定した直後から、東京23区では不動産価格が上昇し始めました。神奈川県では、横浜エリアや川崎エリアがその影響を受け、価格を上げています。近年、横浜や川崎エリアは価格を上げていますが、これは単純にこのエリアに人気があるというわけではありません。オリンピックの影響を間違いなく受けているのです。

そのため、この価格高騰の原因を見誤ると大変なことになってしまいます。なぜなら、オリンピック終了後、間違いなく、オリンピックによって上がったマンション価格は下がるからです。もしも、上がることを想定して、投資したということになると、かなりの損を出してしまいます。失敗しないためには、オリンピック開催の一年前までには、投資したマンションなどを売ることです。

ただし、多くの投資家が同じことを考えているので、その時期になると売りに出されるマンションが増えることが予想されます。長く売れなくなってしまうと、安くするしかなくなるので、結局、これでも損をしてしまうということになります。

一番安全なのは、オリンピック終了後に、マンションを購入するということです。不動産投資家にとっての買い時の時期は、オリンピック後の下げ終わりの時期ですので、ここを見極めて投資すると、投資を成功させることができます。

■安全地帯でマンションの投資を

マンション買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(神奈川県編)│画像4

神奈川県での不動産投資は、横浜エリアと川崎エリアはオリンピックの影響を受けるため、下げ止まる前に手を出すのは、少々リスキーな話となります。ただ、それ以外の地域であれば影響が少ないです。神奈川県はオリンピックの影響を受けた地域と受けていない地域が二極化しているという状況なのです。

相模原の橋本駅にはリニア新幹線の駅ができるという話があり、オリンピックの影響もそれほど受けていないので、安全な不動産投資を行うことができます。オリンピックによる価格上昇は、すでにピークを迎えたと言う人も多いので、できるだけオリンピックの影響を受けた地域には手を出さず、それ以外の地域で安全に投資を行うということが大切です。

各種お問い合わせやご相談はこちら