マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編) | 王様の不動産投資/不動産投資とマンション経営

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編)

■京都府には絶対的なブランド力がある

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編)画像1

京都府の不動産取引価格は、ここ数年上昇を続けています。これは、京都のブランド力というところが一番の要因でしょう。なんといっても京都には、他の県にはない様々な有名観光地が存在します。東が東京ならば西は間違いなく京都と言われるように、絶対的な地位とブランド力を持っているのです。

それに応じて、京都では不動産投資が多く行われています。ブランド力のせいで高額な初期投資を行わなければならなくなってしまいますが、それを考えても、確実に入居者を確保することができるため、多くの投資家に人気があります。

京都市内では様々な観光名所もあり、不動産取引も活発に行われていますが、京都市以外の場所に関してはあまり芳しくない状況です。低金利政策による影響もあるので、急激な下落を起こしているわけではありませんがそれでも減少傾向にあります。

ただ、京都市外でも大型の開発が行われている地域は調子が良い状態です。また交通の便が良い場所であれば、京都市外でも住宅価格が上昇しています。京都で不動産投資を行うのであれば、この辺りの知識が重要になってくるため、しっかりと勉強しておきましょう。

■若い人向けのマンションを

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編)画像2

京都府のワンルームマンションの家賃相場は3.5~6万円程度です。京都市内や長岡京市、福知山市などが高い傾向にあります。

京都市内においては、単身者向けのマンションが多く住んでいる人もそのような人が多いです。特に交通の便が良い場所は人気が高く、家賃も高めに設定されています。
ファミリー層は騒がしい場所を避ける傾向があり、郊外の物件を選ぶ傾向が強いです。そのため、中心地でファミリー層向けのマンションに投資するとなると少し勇気が必要となってきます。

京都市内は様々な場所が人気なのですが、北区に関しては賃貸物件の需要が少なく、不動産投資には不向きな場所というデータが存在します。そこであえて裏を狙って投資するということもできますが、データが示していることですので無用心な投資は控えたほうが良いでしょう。

また、京都は学生が多いことでも知られる町です。そのため、学生向けのワンルーム物件は人気があります。家具付きの物件やセキュリティー性が高い物件、デザイナーズマンションなどはオススメです。さらに、学生だけではなく、有名な企業が多く存在することもあり、若い単身者も多いので、学生と合わせて、そこをターゲットにするという戦略も有効でしょう。基本的に京都府での不動産投資は、若い人に対しての需要を想定して、投資を行っていくという戦い方が一般的な戦い方となっています。

■二極化を理解して不動産投資を

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編)画像3

京都府で不動産投資を行う際、失敗しないためには物件を求める人間の金銭事情を考えておくことが重要です。
京都市内でのマンションの場合、若者の需要が多くなるので投資する側としてもそれを踏まえた上で若者に人気のあるマンションに投資を行う必要があります。絶対数が多いものに対して投資を行うというのが、不動産投資の基本だからです。

しかし少し場所が変わると、需要はまったく別になります。例えば観光地や景色のきれいな場所。このような場所は、関西でも随一の富裕層に需要があるのです。マンションの人気もありますが、どちらかと言えば別荘の人気などが高く多くの富裕層が物件を所有しています。そのため、このような場所で京都市内と同じ戦い方をすると、痛い目を見てしまうことになります。

関西において京都という場所は絶対無二の場所です。このブランド力はそうそう失われないでしょう。富裕層にとっては京都に別荘を持つことが富裕層であることの証明だとも言えます。そして、それは京都の人間だけではなく大阪や兵庫といった関西全域において、共通のブランド感が存在するのです。そのため、富裕層を相手にする場合は、贅沢過ぎるほどの物件に投資をすると、良い結果を得られる可能性が高くなります。京都府は田舎と都会、若者と富裕層というようにあらゆる面で二極化しているので、これをしっかりと把握しておくということが重要です。

■京都府はブランドと二極化がキーワード

マンションの買い時は?不動産投資に役立つ最強情報(京都府編)画像4

京都府での不動産投資に関する情報を紹介してきましたが、確かに京都には絶対的なブランド力があります。しかし、そのブランド力に安心しきって雑な投資をしてしまうと、痛い目を見てしまうので注意しておかなければなりません。

また、二極化という部分においても注意が必要です。京都市内と市外では投資の仕方を大きく変えなければなりませんし、若年層と富裕層でも真逆の戦い方となります。つまり、京都府で不動産投資を行うのであれば、それなりにバリエーションのある戦い方をしなければならないということです。どちらか一つにだけターゲットを絞るか、相手や場所によって戦い方を変えるか、しっかりと考えて判断しましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加