繰り上げ返済はした方がいいのか?具体的なメリット | 王様の不動産投資/不動産投資とマンション経営

繰り上げ返済はした方がいいのか?具体的なメリット

■繰り上げ返済で得られるメリット

繰り上げ返済で得られるメリット

不動産投資をする上で、繰り上げ返済をするメリットはいくつかあります。
まず大きなもののひとつとしては、利息を減らすことが出来るという点です。

繰り上げ返済をすることによって、支払い期間が全体で減らすことが出来ますから、その分支払わなくてはいけない利息を減らすことが出来ます。利息の軽減効果は、最終的には、リスクなしで投資リターンを目指すことが可能です。繰り上げて返済した分の利息支払いがなくなれば、同じ割合の運用利益が出たということです。

仕組み自体は非常にシンプルで、早く返済を終えてしまうというだけですから、リスクを冒して賭けに出る必要もありません。不動産投資は、不慣れな人はなかなか利益を出せなかったり、ハイリスクでハイリターンを狙って失敗してしまったりすることもありますから、繰り上げ返済の地道なリターンは、後々非常に重要な存在となりやすいです。

更に、繰り上げ返済を行うことによって、借金の総額を減らすことが出来ます。これは何より大きなメリットでしょう。絶対額を減らすことが出来ますから、自己負担を出来るだけ減らして、効率良く不動産投資と運用を進めていきたい人にとって、非常に魅力的な対策となっています。
借金の総額や返済期間が減らせるということは、その分精神的な負担も格段に減ってくれます。

返済が終わるまで、新規で借り入れができなかったり、ローンが組めなかったりすることも多いため、早めに返済を終えてしまうことによって、仕事やプライベートなどにおける金銭的な状況をスムーズかつ整理しやすい状態に出来ると言えるでしょう。

■繰り上げ返済をするデメリットもある

繰り上げ返済をするデメリットもある

不動産投資において繰り上げ返済を行うことは、メリットだけではなく、いくらかのデメリットも発生してしまいます。

まず、繰り上げて返済を進めることによって、返済した分だけ当たり前ですが手元から現金が消えていくことになります。所有している現金が豊富ではなく、無理して返済を進めているような場合において、現金をまとめて支払ったあとに思いがけないトラブルやアクシデントが起きてしまうと、金銭不足で頭を抱えてしまう可能性も無いとは言い切れません。
更に、不動産投資をより本格的にしている人にとっては、物件の追加購入における資金不足に繋がってしまうパターンもあり得ます。
投資家にとって、資金の不足は何よりの痛手のひとつです。今後の投資規模をより拡大していく計画がある人は、状況を見定めて、繰り上げ返済をやめた方が良い場合もあるでしょう。

更に、不動産投資における繰り上げ返済をすることによって、リターンが結果的に減ってしまうという可能性もあります。
繰り上げ返済のメリットは、本来の返済計画では発生する予定だった利息分の支払いが減るという部分が大きいですが、この利息分を失ったことで、機会損失に至ってしまうケースもあり得るということです。

支払わなくて済むことになった利息分を、また投資に使用した方が、最終的に手元に入るリターンが大きくなるかもしれないということです。

近年の住宅ローンは低水準が問題視される傾向にありますから、金利と相談することは決して忘れないようにしましょう。場合によっては、繰り上げ返済が損失になってしまうという勿体ないことがあるのです。

■不動産投資における繰り上げ返済のコツ

■不動産投資における繰り上げ返済のコツ

不動産投資における繰り上げ返済は、ただ早く返しきれば何でも良いというわけではありません。
それぞれの借り入れパターンによって、より適した返済のタイミングやコツがあるのです。そのタイミングと具体的な返済金額を見計らう知識やスキルを身に着けていきましょう。経験値も重要です。

たとえば、住宅ローンを組んで新規ないし中古の住宅や土地などを購入する際、住宅ローン控除を受けることが出来ます。
この控除とは、投資家にとって特に注目するべき制度のひとつでしょう。
住宅ローン控除は、基本的に10年間は借り入れ残高の1パーセントを還付金として受け取ることが出来ます。この還付金がもらえる間に繰り上げ返済をしてしまうと、損はしませんが勿体ないと感じるでしょう。

そのため、住宅ローンで繰り上げ返済をする人は、11年後に控除が終わった段階を適切なタイミングとしているのです。ただし、この方法は住宅ローンの金利よりも高い金額を投資で稼げる人には、あまり向いていないコツでしょう。そこで浮いた分の資金を使用して、より新しい投資に用いるのもおすすめです。

もちろん、不動産における専門的な投資家の場合は、資金の温存も非常に重要になって来ます。投資規模を拡大するタイミングにおいて、資金が出来るだけ潤沢にあった方が勝負しやすいでしょう。不動産の追加取得に準備しておけるようにするのも大切です。
規模の拡大がいらなくなる時期まで待って、繰り上げ返済をしてしまった方が有意義だと捉える人も多いでしょう。

綿密な計画と判断力を持って、繰り上げ返済に澄み切るかどうか決定するようにしてください。

各種お問い合わせやご相談はこちら